カウンセリング

気になる人におすすめ

カウンセリング

『顔の真ん中にあるほくろが気になる』、『ここにほくろがなかったら』と悩む人はとても多いようです。しかし、ほくろは自然にできたものだから何も対策ができないのではないかと諦めている人が多いのも事実でしょう。このほくろは医学的用語で言うと、「色素性母斑」と言います。表皮と真皮の境目、真皮の中に存在している母斑細胞がメラニン色素を作り出し、褐色や黒色の母斑となって現れることを言います。表面に凹凸ができることも珍しくありません。また、小さなものであれば電気メスやレーザーを使用し、全体を除去することが可能ですが、大きなものになると切縫法が一般的でしょう。かなり大きいものになると、数回に分けて切除し、縫い合わせていくことになります。基本的には電気メスや炭酸ガスレーザーを使用して簡単に除去することができるのですが、大きさや根の深さによって個人差があります。ほとんどの人は、1〜2回程度で除去することができるようです。また、痛みや出血もほとんどなく、施術してもらった日に洗顔やメイクをすることもできます。ただ、人によって除去することが難しい場合は切除して縫い合わせる方法をとる場合もあるようです。まずはクリニックにてどのような方法がふさわしいのかチェックしてもらいましょう。初回のカウンセリングは無料であることも多いので気軽にクリニックへ足を運びましょう。このほくろの除去は簡単にできることがわかった上で、次はデメリットがないのかを考えてみましょう。一番のデメリットと言えるのは、医療機関やほくろの大きさ、種類によって異なるのですが、一つ除去するだけで大体10000円〜50000円ほどかかると言われています。健康保険が適用すれば、6000円〜15000円程度。治療目的で行う場合には保険が適用されますが、美容目的であれば適用されません。その場合は、高額になることもありますので、事前にクリニックにて確認しておくと安心です。ほくろの除去に関しては、デメリットよりもメリットの方が大きいでしょう。コンプレックスを抱えていると自分に自信が持てなくなってしまいますし、その結果人とのコミュニケーションにも影響が出てくることがあります。人によってたくさんある人もいますし、かなり大きなものが目立つ場所にあることもあります。人に見られているのではないかと常に気にしていると、精神的な面でも良くありません。悩むことは結果的に体にも影響を与えかねませんので、解決する努力が必要でしょう。このようなコンプレックスを抱え続けるぐらいだったら、除去してしまう方が気持ちが良いのかもしれません。取り除いてしまえばコンプレックスは解消することができますし、顔の印象も変わってきます。鏡を見てため息をついてばかりいる、人にどう見られているのかが心配という人ほど、この施術をおすすめします。当日に施術してもらったとしてもその日からメイクをすることも洗顔することも可能ですので日常生活への影響はほとんどありません。そのため、悩んでいる方はぜひ一度クリニックにて相談してみることをおすすめします。コンプレックスを解消して、新しい自分を手に入れましょう。