カウンセリング

安心して治療を受ける

医者

部位によって変わる

気になる部分のほくろは除去することが可能であり、その方法にはさまざまなものがあります。まずは個人で行うものとしてクリームの使用が挙げられます。これは専用のクリームを気になる部位のほくろに塗布することで、クリームに含まれる成分がほくろの皮膚細胞を破壊することで除去するというものです。メリットは費用が安い点や自宅で行える点でしょう。クリームは海外からの輸入であることから、使用方法や注意事項をしっかりと守らないと更なる皮膚トラブルを起こす可能性もあるので注意が必要です。的確に取り除くのであれば医療機関での除去となります。皮膚科や美容外科において受けることができます。また、医療機関における方法は様々です。炭酸ガスレーザーを用いた方法や高周波メス、電気メスなどを用いて切除する方法などがあります。大きさやできた部位によって方法は異なるので、最終的には医師の判断によります。レーザー治療は赤外線を利用して行うので、体に対する負担が小さいというメリットがあります。しかし、一度のレーザー照射では十分な効果を発揮できないこともあり、その場合は複数回に分けて照射する必要があるので通院します。色素が皮膚内に残る再発する恐れもあるからです。複数回の照射する場合は焦ってスケジュールを決めるのではなく、レーザーを照射することで体にかかる負担のことを考慮します。医師と相談して治療計画を立てることが大事です。レーザー治療を行った箇所については、白っぽくなることからレーザーを照射した後には肌色のシールを貼っておきます。そのため、治療中であっても目立つことはありません。一方で、メスを用いた方法であると一度で大きな治療効果が得られるでしょう。また、再発の可能性も低いことが挙げられます。大きなものであればメスを用いて切除した後に縫合する必要があります。この場合、治療を終えた後に跡が残る可能性もあります。そのことからも、事前に医師と相談して治療をするか決めることが大事です。手術の際には若干の痛みを感じることもあるので、痛みに不安がある場合には事前に医師に伝えておくことがポイントです。医療機関で行うことのメリットとしては事前に検査を行ったうえで最善の治療を受けることができる点です。ほくろと考えていても、実はほかの皮膚疾患による症状であったということもよくあります。医療機関でそれを検査で判断することができれば、適切な治療を受けることができるでしょう。そして、ほくろを除去した後に万が一皮膚に何らかの症状が現れたとしても、しっかりと治療を受けることが可能です。費用については大きさや方法によりますが、数千円から数万円となっています。しかしながら、健康保険の適用となる施設で治療を受ける場合は条件が変わります。悪性の疑いがあるほくろ、あるいはそのままにしておくと肥大化するなどのリスクがある場合、大きさや形状から医師が切除した方がいいと判断される場合もあるのです。それらは保険適用となるでしょう。つまり、早く治したいのであれば自己判断せずに医療機関で相談することがポイントです。