ほくろの除去をしよう!安全なクリニックの選び方

人気の理由とは

カウンセリング

ほくろを除去するといっても、その医療機関は色々とあります。その中でも現代では美容外科での除去を望む方が多くいます。それは美容外科では美的観点を徹底して治療を行っているので、目立った傷跡も残らずに綺麗な仕上がりが期待できるからです。良心的な医院も多く、半年以内に再発した場合などには料金無く施術も行ってくれるアフターケアにも力を入れているところもあります。カウンセリング時には、専門用語を並べられて理解できなかったということもないように、分かりやすい言葉で丁寧に説明してくれますので不安要素もありません。例えば気になるほくろを相談すると、大体の深さや大きさなどを想定してどの施術方法が合っているのかなど詳しく教えてくれます。施術では気になる痛みについても、麻酔の痛みや術後に関しても事前に説明をしてくれます。痛みの感じ方は個人差がありますが、激痛を訴える方はまずおられません。そして、その施術時間の短さです。ほくろの大きさや個数で違いはありますが、一つなら麻酔をしてから5分程度で除去出来ます。また、顔のほくろの場合では当日メイクをして行っても受けられるので、女性の方は気にせず来院することが出来ます。美容外科での施術方法はいくつかあります。大きすぎないほくろなどは大抵レーザーでの除去になり、そのメリットと言えばやはり傷跡がほとんど残らないという点にあります。そして傷の完治が早いことと、術後のトラブルが比較的少ないということも人気に繋がっています。そして、高周波メスや電気メスでの施術方法では、ほくろを瘡蓋にように固めて除去していきます。こちらの施術は大きさが1センチ以上で盛り上がったものとレーザーでは取り除けない比較的おおきい場合におすすめです。施術時間も短くすむので一度に除去してしまいたいという方に最適な治療方法です。再発が一番心配のない施術方法と言えばくり抜き法です。メスやパンチなどの器具を用いて大きめに皮膚をくりぬいて切除するもので、縫合はせずに軟膏で止血をします。この施術ではそのほくろ自体の良性・悪性の診断も出来る為素人で判断できない部分まで解決します。リスクはあるものの、悪性だった場合などほくろを徹底的に除去したいと望む人にとても適しているのがこの方法です。根の深いほくろと言えばこちらも適しているのがメス切除縫合によるものです。ほくろ周辺から皮膚を切除して縫い合わせていきます。特に大きく盛り上がって気になっているという方には最適です。一週間ほどで抜糸をして術後の経過をしっかりとみてくれるのでがんなど悪性腫瘍の場合には安心です。一方根の深くないものの除去としてはレーザーの他には液体窒素での除去が適しています。一瞬で冷凍させて組織自体を破壊します。うおのめと同様の治療なので、麻酔も使用しません。手軽に受けたいという方にもおすすめです。料金は設定が細かく、数や種類で一番安価に施術できるように親身に相談に乗るので初めての方にも安心です。また、近頃では保険適用で施術を行う医院も増えてきましたので、決して費用が高くて手が出ないということはありません。美容外科でも除去に関してその実績の違いが勿論あります。経験値が技術を上げていくので、しっかりと下調べをして自分にあった医院を探しましょう。

コンプレックスを解消する

女性

美容外科でのほくろ除去は比較的簡単にできますが、施術後のケアは自分でしていかなくてはなりませんので、事前に注意事項を確認しておきましょう。丁寧なケアを心掛けることでその後の状態を良くできますので、注意事項を守った生活をすることです。

気になる人におすすめ

カウンセリング

顔の目立つ場所にほくろがある人はそれがコンプレックスになり、自分に自信が持てないという人も多いようです。除去する施術を行うことで、そのコンプレックスを解消しましょう。施術してもらった当日から洗顔もメイクも可能です。

リンク

  • ほくろが気になる人のサイト

    アフターケアがしっかりしているので、ほくろの除去を専門のクリニックで申し込みたいと思っているならこちらからとなりますよ。
  • ほくろ.com

    ほくろの除去を申し込むなら安心して依頼できるところを選んでみるといいでしょう。気になる人はここです!

安心して治療を受ける

医者

ほくろを除去する方法にはクリームを使用して個人で行うものと、医療機関を受診する方法があります。医療機関においてはほくろの大きさやできている部位によって最善の治療方法が選択されます。また、医師が判断した場合等には保険適用となります。